マイホームの火災保険を考える

隣の家が火事になり、もらい火によってマイホームが被害を
受けてしまったとします。

このとき、法律によって火元となった隣人には損害賠償の責任を
問えないことになっています(故意や重大な過失は
除かれますが)。

住宅ローンを組むときには、火災保険への加入が義務付けられ、
金融機関が質権を設定することがほとんどです。

火災で家を失うことがあれば、まず、金融機関が保険金を
受け取って住宅ローンの残りを完済し、余ったお金を契約者に
返してくれるというわけです。

火災にあったマイホームを修復するにはかなりの費用がかかる
ので、それを補償してくれる火災保険は頼りになります。

ただし、加入さえしておけば安心というわけではありません。

保険契約の内容によって、受け取る保険金の額が
違ってくるのです。

火災保険は一度加入したらそのままになってしまう人も
少なくありません。

加入する前の今だからこそ、しっかり考えておきましょう。

マイホームを購入すると、火災や台風だけでなく地震も心配です。

ところが、地震による火事は火災保険の対象外になっているので
地震の被害に備えるためには地震保険にも加入する必要が
あります。

地震保険は、地震・噴火、これらによる津波を原因とした火災や
損壊などによる損害を補償する保険で、火災保険に付けて
契約します。

数年ごとに大きな地震が発生しているせいでしょうか、
地震保険の付帯率は年々増え、現在では新しく契約される
火災保険の4割に地震保険が付けられています(2006年
損害保険料率算出機構調べ)。

地震保険は保険金額を火災保険の50%までしか設定することが
できないものが多いのですが、最近では、火災保険と同額の
保険金額を設定できる保険もあります。

つぎに家財保険についても触れてみましょう。

家財とは、家具や電気製品など、家にある財産のことです。

家の中を見回して、あなたの家の家財を買い直すとしたら、
どれくらいお金がかかるか想像してみてください。

テレビ、食器棚、ダイニングテーブル、衣類など、値段を
加算していけば、あっという間に数百万円になってしまいます。

家庭によってかなり違いはありますが、4人家族であれば500万円
では足りず、1000万円を超えることもめずらしくありません。

ところが、火災保険に入っていても、補償されるのは建物だけ
なので、使い物にならなくなった家財を補償してもらうためには
家財保険にも加入する必要があります。

家財保険があれば、上の階の火災を消すための放水で家財が
使い物にならなくなった場合や、落雷で電化製品が
使えなくなった場合にも補償されます。

また、火災保険のように「質権」が設定されないため、保険金を
金融機関が受け取ることはありません。

保険金のすべてを自分で使うことができます。

家財保険にもいろいろなタイプのものがあるので、いくつかの
保険を比較検討してから加入しましょう。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 14:11 | 保険のポイント

疾病保障付住宅ローンについて

住宅ローンを抱えている人が病気で働けなくなると、収入が
途絶え、返済が滞ってしまうことも心配になります。

そこで、最近注目を集めているのが、疾病保障付きの住宅ローン
です。

がん、脳卒中、急性心筋梗塞の3大疾病を保障するもの、それに
加えて高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変の7大疾病を保障
するもの、などがあります。

このように、保障される病気の範囲に違いがありますが、
さらに、ローンの返済をどのように保障するのかにも違いが
あります。

たとえば、就業できない期間は住宅ローンの返済が免除される
もの、一定の期間就業できない状態がつづくと住宅ローンの
全額が弁済されるものなど、ローンの返済を保障する方法も
様々です。

団信(団体信用生命保険)だけに加入するよりも、保障の範囲が
広いので安心感がありますが、その分特約料は高くなります。
たとえば、フラット35の3大疾病付き機構団信の特約料は、通常
の機構団信の2倍近くです。

保障は多いければ多いほどよいようにも思えますが、特約料が
高くてローンの返済が苦しくなってしますのは考えものです。

保障の内容と特約料をよく確認し、判断に迷ったときは、
専門家に相談してみるのも一案です。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 17:28 | 保険のポイント

万一の場合の団体信用生命保険

住宅ローンを組んだ人が死亡した場合に、住宅ローンの返済を
肩代わりしてくれる保険があります。

今回は、通称「団信」と呼ばれる「団体信用生命保険」について
お話します。

団信に加入しておけば、死亡時だけでなく、契約者が失明や
下半身不随などの高度障害状態になってしまった場合にも、
住宅ローンが完済されます。

家族は、ローンを引き継いで返済する義務はなく、マイホームに
住みつづけることができます。

団信への加入申し込みは、通常、住宅ローンの申し込み時に
行います。

返済期間の途中から加入したり、一度脱退した後で再加入したり
することはできません。

銀行などの民間ローンでは、「団信に加入できること」が融資の
条件になっていることが多く、この場合は、必ず加入しなければ
なりません。

ただし、団信は生命保険のひとつなので、申込者の健康状態に
よっては加入できないこともあります。

このため民間ローンの多くは、健康な人でなければ利用する
ことができません。

一方、フラット35の機構団信への加入は任意ですが、ほとんどの
人が加入しています。

フラット35と民間ローンの団信で大きく異なるのは、特約料の
支払いです。

フラット35では、ローンの返済とは別に特約料を支払います。

年払いなので、年に一度、まとまった金額を支払う必要が
あります。

特約料の金額は、年齢に関係なく、ローン残高によって
決まります。

そのため、返済が進むにつれて、年々安くなっていきます。

民間ローンの特約料は、借入金利の中に含まれています。

機構団信のように、ローンの返済と別に支払う必要はありません。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 17:03 | 保険のポイント

家を買うと保険が変わる

マイホーム購入のために住宅ローンを利用する人は、一般に
「団体信用生命保険(団信)」と「火災保険」に加入します。

団信は、契約者が死亡した場合に残りのローンを
返済してくれるものです。

火災保険は、火事で家に被害を受けた場合に備えるものです。

また、マイホーム購入時には加入している保険を見直す人も
少なくありません。

住宅ローンを組むときに知っておきたい保険のポイントを
見てきましょう。

家を買うときは、保険の見直しをするのに絶好のタイミングです。

家を買ったら保険を減らせる、とよくいわれますが、
購入を決定したとたんに、これまで加入していた保険を解約する
ようなことはしてはいけません。

保険を解約し、団信に加入するまでの間に交通事故にあう
可能性もあるのです。

一般に、団信と火災保険の加入申し込みは、住宅ローンの
申し込み時に行います。

加入している生命保険を見直すのは、団信の契約が成立した後で
あることをしっかりと覚えておきましょう。

マイホームを購入するときにはいろいろな保険の手続きも
しなければいけません。

マイホーム購入により、あなたの家の保険が大きく変わります。

住宅ローンを組むと団信と火災保険は加入が義務付けられること
がほとんどですが、火災保険に関しては、金融機関以外の
代理店でも加入できます。

金融機関で紹介される火災保険は、ローン利用者として保険料の
団体割引などのメリットも受けられますが、せっかくの機会です
ので、いくつか見積もりを取って比較したいものです。

1社だけでなく、複数社の保険を扱う保険代理店であれば、
何社かの見積もりを保険のプロに相談しながら比較することが
できます。

また、保険の加入・見直しに迷ったときには、保険を販売しない
中立な立場のファイナンシャルプランナーなどの専門家に
相談するのもひとつの方法です。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 17:50 | 保険のポイント

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。