ケーススタディその3 
20代ファミリー、子ども1人の場合

20代の夫婦で、妻が専業主婦、家計にあまりゆとりがなく、
子どもが1人いる場合の住宅ローンのポイントを見てみましょう。

家族構成
 夫:29歳 妻:29歳 子ども:1歳

収支の状況・希望借入額
 年収       550万円
 物件価格     3500万円
 頭金       700万円
 ローン総額    2800万円
 ローン内訳    2800万円

ライフスタイルのポイント
1 小さな子どもを抱えた若いファミリー
2 妻は専業主婦で家計にあまり余裕がない
3 子どもが大きくなるにつれて教育費などが増える

ローンを組むときのポイント

妻が専業主婦で、家計にあまり余裕がなく、子どもの教育費など、
将来的に支出が増えることが予想される場合、安定性を重視した
全期間固定型がおすすめです。

金利上昇リスクがないので、将来返済額がアップする心配も
いりません。

また、毎月返済額が借入時に確定するため、長期的な
ライフプランも立てやすくなります。

年齢が若いと、一般的に収入があまり高くないケースが多いため、
希望する金額を融資してもらえないリスクがあります。

しかし、若いということは逆に、これからの時間を武器にすること
ができるのです。

今回試算に使ったのは、全期間固定型ローンの代表的商品、
フラット35です。

その名の通り最長で35年まで、借入時の金利でローンを組むことが
できます。

返済期間を長めに設定すれば、当初の返済額が抑えられるため、
同じ年収でも借入額の枠を大きくすることができるでしょう。

フラット35は、様々な金融機関で取り扱っています。

しかし、同じフラット35でも、金融機関によって金利が
異なりますので注意が必要です。

ここでは、SBIモーゲージの金利2.921%(平成19年8月現在)と、
取り扱い金融機関の平均金利(段階金利をのぞく)3.171%
(平成19年8月現在)を使って試算しました。

わずか0.25%の金利差でも30年間の総返済額で見ると、およそ
136万円の違いが生じます。

フラット35は、金利幅が2.921%〜3.520%(平成19年8月現在)も
ありますので、できるだけ低金利の金融機関を選ぶようにする
ことが大切です。

ココに注意!

フラット35は、金利だけでなく、金融機関によって手数料にも差が
あります。

手数料体系は、融資額にかかわらず一律の場合と、融資額に対する
割合があります。

金額や期間によって異なるので、手数料も含めた総返済額を
試算してもらいましょう。

できるだけ多くの資金を借りたい、時間を味方にできる、
といっても退職後まで返済が続くプランを立てると、老後の資金に
影響が出ます。

公的年金をあてにできないこの時代、いつまで働くのかといった
キャリアプランも考慮して、退職時のローン残高が多く
なりすぎないプランを立てましょう。

また将来、家計に余裕ができたところで繰り上げ返済をして
返済期間の圧縮も考えるといいでしょう。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 15:35 | あなたにピッタリの住宅ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。