マイホーム取得の諸費用は?

マイホーム取得の諸費用についてチェックしておきましょう。

新築マンションの場合、諸費用は物件価格の3〜5%程度かかると
いわれています。

中古マンションや一戸建てなどでは、それに加えて仲介手数料が
かかるため、物件価格の6〜8%程度は諸費用がかかることを
覚悟しておきましょう。

住宅購入にかかる費用は、一時に払うものではありません。

どのタイミングで何を支払う必要があるのかを確認して
おきましょう。

不動産の売買契約締結時には、売買契約書に貼る印紙代のほか、
仲介手数料がかかる場合はその半額を支払うのが一般的。

また、諸費用ではありませんが、手付金もこのときに支払うと
いうことをおさえておきましょう。

住宅ローンの契約をする際は、ローン契約書にかかる印紙代が
必要です。

残りの費用については、引渡し時にまとめてかかります。

具体的には、下に示すものを用意しますが、登記費用は
司法書士へ、固定資産税等精算金は売主へ、仲介手数料は
仲介業者へなど、その支払い先は様々です。

後でわからなくならないように整理しておきましょう。

領収書も整理してとっておくようにします。

下に示す費用以外にも、家を買うと家具やカーテン、インテリア
用品の購入費用や引越し費用などがかかります。

また、固定資産税・都市計画税や団体信用生命保険の保険料
(フラット35の場合など)は、購入時だけでなく毎年
かかります。

マンションの場合は、月々の管理費、修繕積立金も必要です。

ローン返済とあわせて、資金計画に忘れずに盛り込むように
しましょう。

マイホーム取得の諸費用
売買契約締結時
◇売買契約書印紙税:売買契約書に貼付
◇仲介手数料:仲介業者への報酬、
       契約時に半額を支払うのが一般的

ローン契約時
◇ローン契約書印紙税:金銭消費賃借契約書に貼付

引渡し時
◇登記費用:登録免許税、他に司法書士への報酬がかかる
◇固定資産税等精算金:1年間の固定資産税等を
           売主との間で精算
◇仲介手数料:仲介業者への報酬
       引渡し時に残りの半額を支払うのが一般的
◇ローン事務手数料:ローンを借りるにあたって支払う手数料
◇ローン保証料:保証会社へ保証を委託するための費用
◇団体信用生命保険料:民間金融機関は強制加入が主流、金利
           に含まれることが多い。
           フラット35の場合は残高等に応じて
           年払いで融資実行時に1年分を支払う
◇火災保険料:建物にかける保険、ローン借入にあたっては
       強制加入が一般的

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 09:16 | 住宅ローンの基礎知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。