フラット35 金利や手数料以外のポイントをチェック

第2順位ローン
金利や手数料だけの総返済額で、金融機関を決めるのはまだ
早計です。

もし100%ローンを考えているなら、フラット35の融資比率は
90%ですから、残り10%を第2順位ローンとして、
民間金融機関から借りることを検討しなければいけません。

その際、第2順位ローンの取り扱いの有無や、金利によっても
総返済額が変わります。

火災保険
見落としがちなのが火災保険です。

住宅ローンを利用する際に、担保となる建物に対して
借入期間以上の火災保険の加入が義務付けられています。

よって、各金融機関ごとに異なる火災保険の保険料まで含めた
「総支払額」で考える必要があります。

火災保険については、住宅販売会社が保険代理店を兼ねている
ケースも多く、いろいろな選択肢があるように思われる
でしょうが、一般的に金融機関が取り扱っている火災保険が、
金融機関割引きという特別な団体割引きの適用を受けており、
もっとも割安です。

さらに金融機関ごとに、取り扱っている保険会社や取り扱いの
ボリュームによっても割引率が違いますので、よく検討して
ください。

疾病保障付住宅ローン
最近では、多くの民間金融機関が「疾病保障付住宅ローン」を
発売しています。

フラット35でも、3大疾病保障付住宅ローンを用意しています。

おおむね、金利に0.3%上乗せするケースが多いようです。

この疾病保障付住宅ローンとは、日本人の死亡原因上位3つで
あり、10人中6人がかかる病気といわれる「がん」「心疾患」
「脳血管疾患」にかかった際、その時点での住宅ローン残高を
ゼロにできるという保険商品です。

通常の民間保険会社のがん保険などと比較すればわかりますが
保障内容に対してかなり割安な金額となっています。

特にSBIモーゲージでは、フラット35を提供している金融機関で
唯一、独自の「8疾病保障」を用意しています。

「8疾病保障」は前述の3大疾病以外に高血圧症・糖尿病・
慢性肝不全・肝硬変・慢性膵炎まで幅広くカバーしており、
保険料も金利に上乗せするパターンではなく、特約料として
定額年払い方式で、価格も他の金融機関より低く抑えられて
います。

住宅ローンを利用する際は、「団体信用生命保険」に原則加入
しますが、3000万円の住宅ローンを借りたなら、ある意味、
3000万円の死亡保険に入ったのと同じ効果があります。

さらにこの「3大疾病保障」や「8疾病保障」に加入すれば、
通常のがん保険などより大きな保障でかつ割安であるため、
現在入っている保険を見直すことができ、家計全体の
「総支払額」を減らせるチャンスが生まれるのです。

フラット35を選ぶ場合、単に金利や手数料だけの「総返済額」
だけで考えるのではなく、火災保険などその他の付随商品・
サービスや病気保障を含めたご自身のライフスタイルと家計全体
の見直しによる「総支払額」で検討することが重要なのです。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 17:46 | フラット35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。