35年でゆっくり返済は利息を増やすだけ?

住宅ローンの返済期間は最長35年。

モデルルームなどで不動産会社が提案してくれる資金プランは
ほとんどの場合、35年返済で計算されています。

返済期間が長いほうが毎月の返済額が少なくなり、これなら
返せそう(買えそう)と印象付けることができるためです。

購入者の方も、毎月の返済額は少ないに越したことはない、
せっかくだから長いほうがいい、と考える方が多いようです。

でも実際にそうでしょうか?

多くの方は65歳まで公的年金の支給がありません。

雇用延長が始まっていますが、60歳以降は収入が減る
可能性が大。

そのような状況でローンの返済をつづけるのは大変ですから、
住宅ローンは60歳までに完済するのが鉄則です。

しかし35歳の人が35年返済でローンを組むと、完済できるのは
70歳です。

残った分は退職金で完済すればいい、と考えるかもしれませんが
退職金は不確定なものです。

そもそも退職金は、老後を支えるものであり、住宅ローンの
一括返済で大きく目減りさせるのは避けたいところです。

資金プランを立てる際には、金利に目がいきがちですが、
返済期間を短くすることも、金利比較と同じくらい大切です。

返済の途中で先々の返済分を前倒しして返済する繰り上げ返済を
行えば、返済期間を短縮でき、完済時期を早めることも
できます。

60から返済開始時の年齢を引いた数字を返済期間にすれば、
60歳までに完済できます。

しかし返済期間が短いほど、毎月の返済額は多くなりますし、
金融機関では年収に占める返済額の割合によって融資限度額を
設定しますから、希望する額が借りられなく可能性もあります。

無理をせず、でもなるべく短めに組むことを心掛けることが
大切です。

返済期間は5年刻みで決めるものと思い込んでいる方も少なく
ありませんが、実際には1年単位で決めることができます。

返済期間を短くすることは、将来の安心や、利息の軽減に
つながるのです。

資金プランを立てる際には、60歳時点の残高をしっかり確認し、
1年でも短くできないかを検討しましょう。

不動産会社に試算してもらってもいいでしょう。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 15:54 | 住宅ローンの落とし穴
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。