共働き夫婦なら、妻もローンを組むとお得!

共働き夫婦なら、住宅ローンを夫婦で組むことにより、
住宅ローン減税のメリットが拡大する可能性があります。

ローン減税は「年末時点のローン残高×1%」で計算しますが、
多くの人はローン残高の1%にあたる金額よりも少ない所得税額
になるため、減税のメリットをフルに受けているわけでは
ありません。

ある共働きの夫婦のケースで見てみましょう。

ある共働き夫婦のケース
年末時点でのローン残高 3000万円
減税対象額 3000万円×1%=30万円

ケース1 ローンの名義が夫だけの場合
名義:夫100%
夫のその年の所得税額 20万円
→→住宅ローン減税で戻る所得税は 20万円

ケース2 共働き夫婦の場
名義:夫・妻50%ずつ
夫のその年の所得税額 20万円
妻のその年の所得税額 20万円
→→住宅ローン減税で戻る所得税は 夫15万円、妻15万円で
  合計30万円!

年末時点のローン残高が3000万円なら減税対象額は1%の30万円。

しかし、ケース1の夫だけでローンを組んでいるケースでは、
夫の所得税額が20万円だと減税額は20万円が限度となります。

ケース2は、夫と妻が2分の1ずつローンを負担している場合です。

ローン残高も2分の1ずつと計算するので、それぞれ15万円ずつ
減税対象となります。

夫、妻ともに所得税額が20万円とすると、住宅ローン減税は
15万円ずつ受けられ、世帯で30万円の所得税還付(会社員の場合)
となります。

ローン減税を受けるには、夫婦別々にローンを組むか、1本の
ローンでどちらかが「連帯債務者」になっていなければ
なりません。

もちろん、登記簿上も実態に合わせて持ち分を入れることが
必要です。

ローン減税だけをとってみると、夫婦でローンを組むメリットは
大きいのですが、将来にわたって妻も働きつづけるのかをよく
考えた上で決めたほうがいいでしょう。

ローン返済の途中で退職すると収入がなくなりますから減税も
ありませんし、妻の分のローン返済分はどこから出しているのか、
と税務署からチェックされる可能性もゼロではありません。

短期的な損得ではなく長期的、全体的に考えて判断したい
ものです。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 11:43 | 契約書のツボ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。