金利はどうやって決まるの?

2006年7月のゼロ金利政策の解除、それに続く2007年2月の
利上げなど、今、金利は上昇局面にあります。

しかし、バブル期には銀行の住宅ローン金利は8%を超えて
いました。

また、2007年8月までの過去20年間における民間住宅ローンの
平均金利は3.74%(住宅金融支援機構まとめ)。

今もなお低金利だということがわかります。

今後、金利上昇が見込まれる局面で、有利な住宅ローンは
全期間固定や長期固定(10年以上)のタイプです。

低金利のうちに金利を固定することで、長期にわたって低金利の
メリットを享受できます。

金利下降局面においてはその逆。

変動金利や短期固定を利用するのが理にかなっています。

ひと口に住宅ローン金利といっても、主に短期金利に連動する
タイプと、長期金利に連動するタイプがあります。

変動金利や短期固定(2年、3年)など、短期間で金利が変動する
住宅ローンの場合、その金利は「短期プライムレート*」などの
短期金利に連動、または影響を受けるのが一般的です。

全期間固定や10年以上の長期固定の住宅ローンの場合、一般には
10年物国債に代表される長期金利の影響を受ける傾向にあります。

新聞やテレビのニュースなどをチェックしてこれからの動きを
追っていれば、ローンの金利動向をおのずと把握できるでしょう。

民間住宅ローンは、原則として融資実行時点の金利が
適用されます。

借入を申し込んだときの金利がそのまま適用されるわけでは
ありません。

特に新築マンション等で引渡しまでの期間が長い場合は、今後の
金利動向に注意しましょう。

*短期プライムレート:銀行が信用力の高い企業に対して短期資金
(1年以内)の貸出をする際に適用する最優遇貸出金利のこと。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 11:17 | 失敗しない資金計画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。