万一の場合の団体信用生命保険

住宅ローンを組んだ人が死亡した場合に、住宅ローンの返済を
肩代わりしてくれる保険があります。

今回は、通称「団信」と呼ばれる「団体信用生命保険」について
お話します。

団信に加入しておけば、死亡時だけでなく、契約者が失明や
下半身不随などの高度障害状態になってしまった場合にも、
住宅ローンが完済されます。

家族は、ローンを引き継いで返済する義務はなく、マイホームに
住みつづけることができます。

団信への加入申し込みは、通常、住宅ローンの申し込み時に
行います。

返済期間の途中から加入したり、一度脱退した後で再加入したり
することはできません。

銀行などの民間ローンでは、「団信に加入できること」が融資の
条件になっていることが多く、この場合は、必ず加入しなければ
なりません。

ただし、団信は生命保険のひとつなので、申込者の健康状態に
よっては加入できないこともあります。

このため民間ローンの多くは、健康な人でなければ利用する
ことができません。

一方、フラット35の機構団信への加入は任意ですが、ほとんどの
人が加入しています。

フラット35と民間ローンの団信で大きく異なるのは、特約料の
支払いです。

フラット35では、ローンの返済とは別に特約料を支払います。

年払いなので、年に一度、まとまった金額を支払う必要が
あります。

特約料の金額は、年齢に関係なく、ローン残高によって
決まります。

そのため、返済が進むにつれて、年々安くなっていきます。

民間ローンの特約料は、借入金利の中に含まれています。

機構団信のように、ローンの返済と別に支払う必要はありません。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 17:03 | 保険のポイント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。