家を買うと保険が変わる

マイホーム購入のために住宅ローンを利用する人は、一般に
「団体信用生命保険(団信)」と「火災保険」に加入します。

団信は、契約者が死亡した場合に残りのローンを
返済してくれるものです。

火災保険は、火事で家に被害を受けた場合に備えるものです。

また、マイホーム購入時には加入している保険を見直す人も
少なくありません。

住宅ローンを組むときに知っておきたい保険のポイントを
見てきましょう。

家を買うときは、保険の見直しをするのに絶好のタイミングです。

家を買ったら保険を減らせる、とよくいわれますが、
購入を決定したとたんに、これまで加入していた保険を解約する
ようなことはしてはいけません。

保険を解約し、団信に加入するまでの間に交通事故にあう
可能性もあるのです。

一般に、団信と火災保険の加入申し込みは、住宅ローンの
申し込み時に行います。

加入している生命保険を見直すのは、団信の契約が成立した後で
あることをしっかりと覚えておきましょう。

マイホームを購入するときにはいろいろな保険の手続きも
しなければいけません。

マイホーム購入により、あなたの家の保険が大きく変わります。

住宅ローンを組むと団信と火災保険は加入が義務付けられること
がほとんどですが、火災保険に関しては、金融機関以外の
代理店でも加入できます。

金融機関で紹介される火災保険は、ローン利用者として保険料の
団体割引などのメリットも受けられますが、せっかくの機会です
ので、いくつか見積もりを取って比較したいものです。

1社だけでなく、複数社の保険を扱う保険代理店であれば、
何社かの見積もりを保険のプロに相談しながら比較することが
できます。

また、保険の加入・見直しに迷ったときには、保険を販売しない
中立な立場のファイナンシャルプランナーなどの専門家に
相談するのもひとつの方法です。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 17:50 | 保険のポイント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。