入居後、税務署から書類が!?

物件探しから契約、入居までの忙しい日々が過ぎ、
やっと落ち着いたかと思ったら税務署からある書類が届いて大慌て
なんていうことがあります。

この書類は、購入した資産についてのお尋ね、というもので
税務署が取得資金の出所や名義を調査するためのものです。

住宅取得は多額なお金と権利が動くため、おもに贈与のチェックを
するものです。

返信された書類を見て、つじつまが合ってないとなれば税務調査
が行われます。

すべての人に送られてくるわけではありませんが、税務署も
税収不足のようで、あなたに「当たる」確立は以前より
高くなっているようです。

頭金など現金で支払うものの出所について、「誰の名義の預金」を
「どこの銀行(支店名まで)」から「いくら」おろしたかまで
記入しなければいけません。

ひとりの人が自己資産を捻出し、ローンの契約者になっていれば
問題はありませんが、夫婦(または親子)がそれぞれ預貯金から
出したといった場合、負担した割合で登記簿上に持ち分が入って
いないと贈与があったとみなされます。

また、親から「あるとき払いの催促ナシ、利息もナシ」で頭金を
出してもらったら、お尋ね書類にはどう書けばいいのでしょうか。

「借入金」の欄には、借入期間や利息を記入するように
なっています。

借用書をつくり、きちんと利息を付けて定期的に返済しなければ
税務署からは贈与があったとみなされるのです。

税務署がどんな場合を贈与と判断するのかをあらかじめ
知っておかないと、後で本当にうろたえてしまうでしょう。

複数の人が資金を負担する場合は、誰のお金からいくら
出したのかわからなくなってしまいがち。

準備は怠りなく!

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 09:19 | 契約書のツボ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。