金利タイプ3種類を理解しましょう

住宅ローンの金利タイプは、大きく
固定金利型」「変動金利型」「固定金利選択型(一定期間の
固定金利)」の3種類です。

金利タイプ選びはとても重要です。

それぞれの特徴と仕組みを理解しておきましょう。

固定金利型
返済期間を通じた金利が、ローンの契約時点で決まっている
タイプです。

「全期間一定」のものと、ある時期から金利が変わる
「段階金利タイプ」のどちらも固定金利型に分類されます。

公庫と民間金融機関の提携ローンである「フラット35」と、
公庫ローン(従来からある公庫が直接貸し出すローン)が
固定金利型の代表選手といえます。

メリットは、金利があらかじめ決まっているため、返済途中に
思いかけず返済額がアップするというリスクがないことです。

変動金利型
一般的に年に2回金利を見直すタイプで、おもに銀行が
扱っています。

見直し時期に金利の変動があるとその都度新しい金利が適用
されます。

ただし、金利の変動があっても返済額は5年間変わらないという
ルールがあります。

変わるのは返済額のうち利息と元本の割合です。

返済額が変わらないため、金利の動向にあまり敏感でない人は、
金利に変化があっても気付かない可能性があります。

現在のような超低金利の状況では、金利は今後、上がることが
十分予想されるため、安易な利用は避けた方がいいでしょう。

固定金利選択型(一定期間の固定金利)】
当初一定期間の金利が固定されているタイプ。

固定金利を約束する期間は1〜20年などさまざまですが、
銀行の取り扱いが多いのは、2年、3年、5年、10年があります。

現在は、固定期間が長いほど金利が高く設定されています。

固定金利期間が明けると、そのときの金利が適用になり、
返済額も再計算されますが、変動金利型のように新返済額に
上限を設けるというルールはなく、高い金利が適用になると
そのまま返済額に反映されます。

一般的に銀行ローンの基本となるのは変動金利型のため、
固定期間が終了する前に申し出をしないと、自動的に変動金利型
になります。

終了前に、「次はこの金利タイプでお願いします」と申し出る
ことで再度「固定金利選択型」を選ぶことができますが、
その都度5000円から1万円の手数料がかかります。

民間ローン以外では、財形住宅融資も当初5年間の固定ですので
このタイプになります。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 20:32 | 住宅ローンの基礎知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。