全期間固定のスタンダード、フラット35
その2

民間の銀行が提供する通常の住宅ローンと比べて、
フラット35が優れている点は以下の通りです。

●住宅金融支援機構という公的な金融機関の商品なので、
 安定して全期間固定かつ低金利の住宅ローンを提供し続け
 られる。

●民間ローンと違い、地域や職業などでの制限がない。

●融資比率や返済比率、年齢など、フラット35の借入条件を
 満たせば、ほとんどの人が利用できる非常に使い勝手のよい
 商品である。

こうした特徴から、どんな金利環境においても、まず最初に
検討すべき住宅ローンであるといえます。

このフラット35は、2003年に住宅金融公庫が提供を開始して
以来、すでに15万個以上の買取申請を受け付けており、
住宅ローンマーケットの約1割にまで成長するなど、
短期間に多くの利用者の支持を得られつつあります。

またフラット35により、モーゲージバンクという新しい業態
も生まれ、より多くの人に全期間固定金利型住宅ローンを
提供できる環境が整いつつあります。

参考になった!という方はココをクリック
→人気ブログランキングへ
posted by 住宅ローン at 17:53 | フラット35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。